アップル投資家が次期iPhoneに期待していること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは
二日連続でアップルの記事になってしまいますが、今日は新しいiPhoneについて少し書いてみます。昨日の記事ではiPhoneの未来についてかなり否定的な見解を述べさせていただきましたが、今の段階ではiPhoneは十分に競争力のある商品だというのはおそらく一致した見解だと思います。

今年の新型iPhoneは3種類と見込まれている

例年新型iPhoneは9月頃に発表発売となりますが、今年も例外ではありません。
特に今年がiPhone発売10周年にあたることからその記念モデルともいうべき特別な製品も発売すると見られており、現時点では暫定的にiPhone8と呼ばれていることが多いです。
つまり、この秋には現行のiPhone7、iPhone7 plusのアップデートバージョンであるiPhone7s、iPhone7s plusに加え、記念モデルとしてのiPhone8(仮)の少なくとも3種類のモデルが発売されることになります。

iPhone7sや7s plusがiPhone7、7plusの単純なアップデートにとどまるのに対し、iPhone8は一線を画したプレミアムモデルとなる見込みです。その例として、ベゼルの極めて薄い外観や5インチ以上と言われる大型ディスプレイ、ホームボタンの廃止、AR技術との親和性、有機LEDディスプレイの採用などが挙げられます。

アップルの狙いは明らかで、7sや7s plusといった従来の買い替えオプションを残しつつも、より「新しい」プレミアムモデルの購入を消費者に促すことだと思います。

iPhoneのスーパーサイクル、再来なるか

4インチディスプレイのiPhone5sに代わって4.7インチ、5.5インチという大型の画面を搭載したiPhone6、6plusが発売された時、これらの新型は爆発的に売れました。今でもiPhone史上最も多く販売された商品はiPhone6です。
iPhone6が爆発的に売れた理由については、いく通りもの答えがあると思いますが、僕の解釈ではやはり画面の大きさが強く影響していたと考えています。
つまり、多くの人がウェブコンテンツをモバイル上で閲覧するようになったことで、より多くの情報量を表示できる画面サイズのデバイスの需要が増していたということです。
また、画面の大きさが変更されるとともにデバイスの外観自体も大きく変わり、「今までと違うiPhone」という意識を消費者に持たせたこともiPhone6、6plusのヒットの背景にあると思います。
従来のiPhoneや他社のデバイスから多くの消費者がiPhone6、6plusに乗り換えたこの出来事はiPhoneの「スーパーサイクル」と表現されました。

そしてこの秋、多くのアップル投資家は二度目のスーパーサイクルが起こることを期待しています。
その理由の一つが、3年前にiPhone6を購入した多くのユーザーのデバイスが買い替えの時期を迎えることです。翌年に発売された6sも発売から2年が経過することになり、今年の9月には発売から2年以上経過したiPhoneが世界におよそ3億台存在する計算になります。
この3億台のデバイスの全てがこの9月に同時に買い替えとなるわけではありませんが、iPhoneのリピーター率が非常に高いことも考慮すると非常に大きな買い替え圧力となりそうです。

さらに、10周年記念モデルとなるであろうiPhone8はかつてiPhone6がそうであったように、「今までと違うiPhone」です。さきほども述べたように、外観やディスプレイサイズ、ARへの対応など、マイナーチェンジにとどまるであろう7sや7s plusとは一線を画したモデルになると言われています。

iPhoneは今後苦しい戦いを強いられることになりますが、まだ負け戦ではありません。今後もiPhoneの動向を見守っていきたいと思います。

↓ 読んでいただいてありがとうございます。もしよろしければクリックもお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)