円高がさらに進行中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本記事は旧ブログからの移行記事です】

円高が進行し、徐々に円建てて見た米国株が値下がりを続けています。自分の資産が目減りする中、我々のような個人投資家はいかにこの局面に臨むべきでしょうか。

正解は簡単で、容易に資産を売却せずにホールドすべきです。

今は短期的な理由で円高が進行していますが、一方で米国では今後も利上げが控えているため為替はドル高に動きやすいですし、利上げの背景にはFRBが米国の経済に自信があることの表れです。

したがってこの円高は長期化はせずに、一時的なもので終わってしまうと思います。
しかし、逆に考えると米国株は相対的に割安になりますので、追加投資の絶好の機会と言えます。

ぼくは毎月およそ30-50万円ほどドル転して株式投資へ回しています。
そうやって機械的に投資の機会や金額を決めることにより、こういった好機を逃すことなく追加投資のタイミングを逃さないようにしています。

もちろん割高なタイミングで強制的に追加投資を迫られることもありますが、長期的な成績のことを考えるとこれはあまり大きな問題ではありません。
むしろ問題になるのは、投資のタイミングを図ろうとするあまりいつまでも追加投資ができず、本来得られずはずだったインカムゲインやキャピタルゲインを逃してしまうことなのです。



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)