マスターカードはついにサインレスに。ビザは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

マスターカードやアメリカンエクスプレスは2018年4月から、クレジットカードの決済時に求められていたレシートへの署名を廃止すると発表しました。理由は、オンライン決済やチップ搭載のクレジットカードの普及により、署名の持つ意味合いが薄れてしまってきたからです。

一方で、ビザからはこのような発表はなく、現時点ではビザが決済時の署名を廃止するということはなさそうです。

カードで決済した時の署名は、レシートの受け渡しや署名そのものに時間がかかるため、多くの消費者が面倒と考えているものです。もし財布の中に、決済時に署名が必要なカードと不要なカードがあった場合、おそらく署名が不要であるカードを優先して使用することになるでしょう。

マスターカードは、少し前に取り上げたように指紋認証付きのクレジットカードを開発するなど、よりセキュリティの高い決済システムの開発を続けています。今回の決定も、その延長線上にあります。

ビザとマスターカードはクレジットカード市場では1位と2位に君臨する企業ですが、いままでこの二つの企業の間には明確な違いが(少なくとも僕には)見出せませんでした。

しかし今後、カード自体への指紋認証の導入や署名の廃止などがビザとマスターカードの明暗を分けるという可能性もあるかもしれません。ビザが今後、決済時の署名を不要とするかどうかは非常に興味のあるところです。

また、今回の署名廃止が吉と出るか凶と出るかも注視していきたいと思います。



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)