売却したと思っていたキヤノンから配当を受け取りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

今日、郵便でキヤノン(7751)から配当金のお知らせを受け取りました。

この銘柄も僕が米国株投資を始める前に購入した銘柄で、本格的に米国株投資を始めるにあたって売却してしまったと思っていたのですが、どうやら売却するのを忘れてしまっていたようです。今まで何回か配当を受け取ったはずなのですが、その度に忘れていたのでしょうか。

この銘柄を購入したきっかけは、高配当銘柄だったからだったような気がします。そのためNISA口座で保有していました。

購入単価が3540円/shareで100株保有しています。また配当については年間150円/shareなので、YoCは4.2%と悪くはありません。現在の株価が3800円弱ですから、幸いなことにわずかに含み益もありました。

キヤノンは投資対象としては決して悪くないと思う

一緒に届いた中間決算に簡単に目を通しましたが、東芝メディカルの買収などの影響もあり、売上高は前年同期比で+18.6%の増加でした。ただ、企業全体の売り上げのほぼ半分を占めるオフィスビジネスユニット(複合機やプリンターなど)に関しては前年同期比+1.9%の成長にとどまり、全体の売り上げの25%強を売り上げたイメージング部門(カメラやレンズなど)では+0.5%の成長にとどまりました。

ただ、一方でコストカットに積極的だった影響で、上半期の純利益は前年同期と比較して+40% (1267億円→1776億円)となり、株主に帰属する純利益も+52.6%(814億円→1243億円)となりました。

すっかり忘れてしまっていた銘柄ですが、意外と好決算でした。

実はキヤノンは2016年の年間売り上げの実に79%を国外で得ており、日本国内での売り上げは企業全体の売り上げの1/5に過ぎません。また、連続増配年数こそ少ないものの、29年間減配なく、配当維持または増配を行なっています。

名残惜しいが、やっぱり売却します

保有継続かどうか、少し迷ったのですがここはきっぱりと売却します。

いままで無いものと思っていた銘柄ですし、今のポートフォリオ計画には残念ながら必要のない銘柄だと考えました。

38万円近い資金が湧いて出てきたので、この資金もありがたく米国株ポートフォリオの一部にしようと考えています。

ということで、8月最終週にずれ込んでしまいましたが、VTIの売却とキヤノンの売却を忘れずに行い、その資金を米国株ポートフォリオの構築に使いたいと思います。

↓ 読んでいただいてありがとうございます。もしよろしければクリックもお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)