今月やっておくことの確認、今月も種を播く作業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆明けということで、実は結構バタバタしています。

今月中にやっておくべきことを今日は確認しておこうと思います。

VTIを売却し、MMMを購入すること

まずはVTIの売却と、売却資金でのMMMの購入です。

これは前々から計画していたのですが、なかなか時間が取れずに今に至っています。

昨日はVTIを称賛するような記事を書いておきながら何故VTIを売却するのか、についてはこちらの記事に以前書きましたのでよければご覧ください。

端的にいうと、僕の今のポートフォリオではVTIの分散効果を享受できない可能性が高いと考えたのが大きな理由です。

MMMを購入する理由については今まであまり言及してこなかったのですが、これも結構単純で、ポートフォリオ内での割合が小さいからです。MMMは配当王に属する銘柄ですので、すくなくともポートフォリオ内で比率を小さく保っておく理由はありません。

また、一時期210$を超えていた株価も現在は少し下がっており、買い増ししやすくなっていると思っています。PER 23.54と決して割安ではありませんが。

今月の追加投資資金をドル転すること

また、先日入金した今月の追加投資資金をドル転していませんでした。できれば明日ドル転したいと思っています。ちょうど為替レートも1$=109円台まで下がっており、ドル転の時期を見計らっていたわけではありませんがこのままのレートでドル転できればラッキーです。

今回の追加入金資金で購入する銘柄は実は未定でした。

おそらくMMMを追加購入後にポートフォリオ内で比率の低い銘柄を購入することになると思います。候補としては現在絶賛不人気銘柄のWFCでしょうか。続々と出現する悪い材料に心が折れそうなのですが、ここはぐっと我慢すべきところと自分に言い聞かせて追加投資をすることになると思います。

また、今月で2017年の2/3が終了するということで、月末には月間のまとめの他に、2017年の2/3をサマライズできればいいと思っています。

ダウは相変わらず22000前後を行ったり来たりし続けています。

右肩上がりで連日最高値を更新し続けた先日までの流れとは少しづつ様子が変わってきているような感じがしています。ただ、それをもって調整局面が近いかどうかは僕には判断できませんし、仮に調整局面が来たとしてもおそらく長くても数ヶ月待てば株価は持ち直すでしょう。

僕に今できるのは、可能な限り多くの資金で株を買い集め、将来のキャッシュフローの種を播いておくことだけなのです。

↓ 読んでいただいてありがとうございます。もしよろしければクリックもお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)