今月の買い増し予定銘柄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本記事は旧ブログからの移行記事です】

今月も米国株を買い増す予定なのですが、その銘柄をどうしようか思案していました。僕の中ではVZまたはMMMかと考えていました。
そこで今一度この二つの銘柄がどのようなものだったかおさらいしてみたいと思います。

VZ (verizon communications)
ダウ工業平均株価に採用されており、セクターはTelecommunication servicesに分類されています。また、傘下のベライゾンワイヤレスは米国最大の携帯電話事業者です。
株価は50ドル弱で、PERは15台と割高ではないです。何よりも配当利回り4.66%は魅力的な数字です。今年の第二四半期にはヤフーの買収も完了し、さらなる事業拡大を目指しています。
気になる増配ですが、2004から多少の停滞はありつつも一貫して増配傾向です。調べた範囲では、1984以降減配はしていないようでした。平均増配率は3%ぐらいのようなので、今後も大きな増配は期待できないかもしれません。

MMM (3M)
こちらもダウ工業平均株価に採用されており、セクターはIndustrialsに分類されます。世界有数のコングロマリットで、我々が日々目にするポストイットなどの文具から聴診器などのヘルスケア分野、電子電気産業など、幅広い事業を行なっています。
株価は190ドル台に乗りPERは約23と割安感はありません。配当利回りも2.45%なので可もなく不可もなくといったところでしょうか。しかし3Mは何と言ってもdividend kingの一つで、連続増配は驚異の58年です。また、直近10年間の平均増配率も9.3%と十分と言える水準です。

この二つの銘柄のどちらを買うかとても迷いますが、やはりMMMかな。とここまで書いてきて思っています。
実際に購入するのはどちらか、楽しみにしていて下さい。



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)