長期投資は地味だ。お盆を機に米国株投資に興味を持った方へ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

僕は今米国個別株を中心としたポートフォリオを構築して資産運用を行なっています。このポートフォリオの運用が始まっておよそ2年半が経つのですが、僕が思うのは、投資は想像以上に地味だなということです。

時間も手間も意外とかからないし、道具もそんなにいらない

そもそも証券会社の口座にログインする頻度が極めて低いです。追加投資は月に一回か二回と決めていますし、それ以外は配当金のチェックを行うのみですので、実際の頻度としてはおそらく平均して週に一回程度ではないでしょうか。
ログインしている時間も非常に短いです。追加投資する銘柄は事前に決めてありますので、追加投資する時もおそらく10分程度でログアウトしてしまいますし、配当金のチェックだけであれば1分以内に終了します。

また、個人的興味やブログを書いているため、という理由から株価や経済ニュースはマメにチェックしますが、お盆休みなどになると他のことの優先順位が高いので、株価のチェックなどはできなくなります。でも株はどうせ売却しないので、株価はふだんからチェックしていてもあまり意味はないです。

僕はネット証券を使っていますので当然パソコンが必要になりますが、これも仕事で使っているノートパソコン1台で十分です。最近などはスマホでも米国株に投資ができるような環境もできつつありますので、特殊な機材は必要ありません。当然、画面が複数枚あるようなパソコンは必要ありませんし、値段の張るハイエンドPCも必要ありません。パソコン1台とネット環境があればそれだけで十分です。

一番必要なのは、前提となる知識だと思う

逆に長期投資に必要なものは何か、かんがえてみます。
一つ目は投資の原資です。こればっかりは無いと始まりませんが、以前からなんども触れているように積み立てを前提とすれば月々に必要な金額は限られています。

次は知識です。といっても経済学の込み入った知識までは必要ないと思います。「株式投資の未来」とか「敗者のゲーム」とか、有名な本が何冊かありますので、それを読むだけでもだいぶ世界が違って見えます。
僕自身もまだまだ勉強不足の情弱に属するわけですが、それにしても世の中にある胡散臭い広告の多いことよ……。

そして最後が、継続する意志です。
他の多くの方々もおっしゃっているように、投資は資産を育てるためのものです。一攫千金を手にするものではありません。先程述べた「知識」の項ともかぶりますが、短期的なギャンブル的リターンではなく、長期的な確実なリターンを求めるのが長期投資です。

米国株投資に興味はあるけど何から始めたらいいかわからない人は多いと思います。そういった方に僕がオススメするのは本を読むことです。
シーゲル教授の赤本であれば2000円ちょっとで買えますし、敗者のゲームは2000円弱で買えます。僕はまだ勉強不足なのでオススメできる本はこれくらいしか無いのですが、他のブロガーの方々はもっといろんな本を紹介してくださっていますので、そちらも参考になさってみてください。

本ブログでは何回か専業主婦である妻の資産運用も紹介しています。

妻の場合は買い付け頻度が低いせいもあってほとんど口座にログインしませんし、株価のことも普段は忘れているようです。

でも、それくらいが理想なのかもしれません、

↓ 読んでいただいてありがとうございます。もしよろしければクリックもお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)