GWの終わり、とりとめのない記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークが終わりますね。
みなさん充実した連休でしたか?
僕は仕事もしていましたがブログの外観を見やすくしてみたり固定ページをちょっとだけど作ってみたりと、ブログ強化週間でした。

明日からまた仕事ですが、正直憂鬱です。

この記事を書いている現在フランスでは大統領選の投票が続いています。
勝つのがマクロンかルペンかはわかりませんが、明日の朝起きた時には結果が分かっていることと思います。
結果次第ではFrexitも視野に入ってくることから、引き続き注目していきたい選挙だと僕は思っています。

一方でアメリカの雇用統計は順調でした。ここ10年で失業率は最も低下し、4.4%でした。FOMCでは今回の利上げは見送られたものの、ゴールドマンサックスが6月の利上げ確率を90%に引き上げるなど、米国経済の順調さを確認できた一連のイベントでした。

米国は今後も人口増加が長期にわたり期待されています。したがって国民の消費活動もそれに伴って順調に推移することが予測されます。
さらに、米国の株式市場には全世界でビジネスを行う多国籍企業が多数上場しており、株主に還元する文化も定着しています。

すでに人口減少時代に突入し、長年続くデフレから脱却する見通しもなかなか立たない日本からすれば、まさに対極に位置する国でしょう。また日本には株で儲ける人は汚いという思想が根付いており、株主に対する還元も十分とは言えません。

たったこれだけの情報でも、やはり国内の株式市場に投資するよりは、多少ハードルは上がりますが米国の株式に投資すべきであるということが再確認できます。


僕は米国株投資歴2年のひよっこなわけですが、ここまで暗中模索しながらもなんとかモチベーションを維持し、投資を継続してこられたのは先人たちのブログ記事などを毎日読んでいたからに他なりません。
継続は力なりと申しますが、ようやくリターンという形でその力を微かながらに感じ始めることができています。

そして僕が最近始めたこのブログも、いつか将来の米国株初心者のモチベーション維持に一役買えたら、と思っています。

ゴールデンウィークのラストということで本当にとりとめのない記事になってしまいましたが、投資とブログをなんとか継続していこうと改めて自分の中で再確認できた連休でした。

↓ 読んでいただいてありがとうございます。もしよろしければクリックもお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)