結局ハイテクには投資しないほうがいい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーレンバフェットが、バークシャーハザウェイの株主総会でグーグルに投資してこなかったことについて後悔していると述べました。

実はバフェットにはグーグルのIPOの直後にこの会社の株式を買うチャンスがあったのです。それはIPOの直後にグーグルの社員が直接バフェット元に目論見書を持って訪ねてきたことがあったからです。

その時のことを振り返って、バフェットはこう述べました。

私は彼らのことを知っていたのだ。
だから、彼らに聞こうと思えば色々と聞けたし、それで自分も色々と学べたはずだ。でも、私はそれをしなかった。

バフェットは自分の理解できないビジネスには投資しないとしてハイテク銘柄には長らく投資をしてきませんでした。
しかしそれもここ最近変化の兆しが見えてきました。

バークシャーが初めてIBMに投資をしたのが2011年でした。(その後IBMへの投資は失敗であったと述べています。)
続いてアップル株を購入したのが2016年で、この間にも5年間の開きがあります。
バークシャーはその後もアップル株の保有を積み増しており、アップルの上位株主にまでなっています。

いまではアップルの大株主となったバークシャーですが、その背景にはどのような心境の変化があったのでしょうか。

米国企業を時価総額順に並べると、上位5つはアップル、アルファベット、マイクロソフト、バークシャーハザウェイ、アマゾンとなります。ちなみに6位はフェイスブックです。
つまり、バークシャー自身を除けば上位5企業の全てがハイテク銘柄とされる銘柄であり、その時価総額の合計は2.5兆ドルを超えます。

この2.5兆ドルもの企業を経営するのに、運転資金は実質ほとんど必要ないのです。これは過去には存在しなかった現象なのです。

とバフェットは述べています。

一般論として、米国株で長期投資を行う場合には生活必需品セクターなどのいわゆる「地味な」銘柄がリターンが良いことが広く知られています。これらの銘柄の長期リターンは市場平均をアウトパフォームすることも多く、また歴史上どの時代を取っても再現性が見られるとして広く推奨されています。

しかしその一方で近年成長しつつあるアップルやグーグルなどの企業が社会に与えたものはただのスマホでもただの検索エンジンでもありません。スマホやパソコンなどの製品や、グーグルなどの検索エンジンはすでにインターネットというインフラを介して我々の生活そのものを変化させてしまっていますし、インターネットが今後社会から廃れていく未来は想像できません。
景気が良かろうと悪かろうと、コカコーラを飲むのを人々はやめないでしょう。
しかし、景気が良かろうと悪かろうと我々の生活はインターネットに依存していますし、スマホの買い替え需要やネット上の広告の需要は今後も尽きることはないと僕は思っています。

もちろん歴史に学ぶことは大事です。広く推奨されるディフェンシブ銘柄を中心としたポートフォリオはこれからも再現性を持って市場を長期的にアウトパフォームする可能性は高いでしょう。
そして、その推奨されるポートフォリオの中にハイテク銘柄がすこしずつ入ってくるのもまた、時間の問題だと僕は考えています。

↓ 読んでいただいてありがとうございます。もしよろしければクリックもお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)