WFCから配当金を受け取った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

米国4大銀行の一角、ウェルズファーゴ(WFC)から配当金を受け取りました。

1株配当が0.39$、保有株数が255株で、税引後の受取金額は71.35$でした。

ウェルズファーゴといえばスキャンダル騒動による株価の低迷が続いていましたが、いよいよ脱却の時期が近づいてきたかもしれません。

WFCの復活は近づいていると思う

ウェルズファーゴは、300万以上もの口座に影響を与えた架空口座事件の影響から脱却しようとしている真っ最中です。12月5日にCEOは「スキャンダル以前の水準の成長を取り戻す」とコメントし、他にも、2019年末までに40億$のコストカットを実行することを再度強調しました。

また、自動車保険や住宅ローン、口座凍結や閉鎖など、今回のスキャンダルの影響について究明を続けており、その調査が完了に近づいているともコメントし、さらに、今回の税制改革が同社の成長を押し上げることになるだろうともコメントをしました。

こういったCEOのポジティブな発言の影響も一部あり、WFCの株価は今週だけでも4%近く上昇しました。

WFCは来月にも2017年第四四半期の決算を発表しますが、こういったプラスの材料が実際に数字に反映されるかどうかを見たいと思います。

ちなみに、2019年末までに完了する(うち、半分は2018年末に完了する見込み)とされる40億$のコストカットは、WFCの全支出のおよそ7-8%に相当する金額です。

ポートフォリオ、配当金の記録のページも更新しました。

よければ併せてご覧ください。



スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)